エジプト文明よりも以前から、何者かによって建造されていたスフィンクスの像! - 進撃のサブカルチャー!

サブカル情報局

エジプト文明よりも以前から、何者かによって建造されていたスフィンクスの像!

超有名なあのエジプトにあるギザのスフィンクスの頭部は
後から付けたされた物らしい事が分かった!

スフィンクスと言えば、頭が人で身体がライオンの
空想上の生き物だ。

よくなぞなぞを人に出して答えられなかった者を
食べていた事でエジプト神話やギリシア神話に
登場していた。


そのスフィンクスをモチーフに建造されたと
ばかり思っていたギザのスフィンクス。

調べた所、全長73.5m、全高20m、全幅14mと
巨大な像なのだが、それに対して頭部が5mと
やけに小さい事がバランス的におかしい・・・。


そして、もっとも興味深い事が当初スフィンクスが
建造されたのは紀元前2550~2450年とされていたのだが
スフィンクスの身体に残る風雨の浸食の跡をよくよく
調査した所、実際に建造されたのが紀元前6000~5000年に
建造されていないと辻褄が合わないのだ。


その事から、古代エジプト文明が誕生する以前から
スフィンクスは、もう既にギザに存在していて
古代エジプト文明はそのスフィンクスの頭部だけを
付け変えた可能性が出て来た。

どちらにしてもエジプト文明より、前にエジプトの地に
他の文明が存在していた事になる

この記事はこちらを参考にさせて頂きました↓

 【中古】趣味・雑学 ≪趣味・雑学≫ 超文明オーパーツ大全 / 並木伸一郎【10P01Mar15】【中古...
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。