「平成」と書かれた平安時代の土器が出土したんだって! - 進撃のサブカルチャー!

サブカル情報局

「平成」と書かれた平安時代の土器が出土したんだって!

14日に三重県松阪市和屋町で開催される
「おもろいもん出ましたんやわ@三重2014」
と言う今年度の発掘成果報告会において
同市の朝見遺跡で発見された「平成」と書かれた
平安時代中期(10世紀前半)の墨書土器片を展示して
解説するそうだ。


この土器片は平安時代に
櫛田川の氾濫(はんらん)を鎮めるための祭事の際に
使われたらしい。

専門家によると洪水への平穏無事を祈るために
書かれた土器片のようだ。

この土器片のサイズは長さ約12センチ、
幅約10センチ程だそうだ。

その中に「平成」の文字が墨書は
長さ約5センチ、幅約2・5センチで書かれているらしい。


「平成」の墨書土器出土は全国でも
極めて珍しい出土品のようだ。


この平成の文字が書かれた土器片を展示する
「おもろいもん出ましたんやわ」は14日午後1時〜4時半、
松阪市嬉野川北町の県埋蔵文化財センター嬉野分室で
展示される予定だ。


興味のある方はぜひ足を運んでほしい。


ちなみに他の展示物として、
伊坂城跡(四日市市)の室町時代の火縄銃の玉
や朝見遺跡の平安時代の青銅鏡
や野添大辻遺跡(大紀町)の室町時代の小型供養塔や
茶の湯の風炉(ふろ)などで
展示総数は15遺跡の約250点程を展示するそうだ。








ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。